このようなためJCB

残念ながら現実ではまれにある事例を抜かして割引券の売店に行ってもクレジットカードでの支払いが出来る売店なんてものは存在しないのです。

このようなためJCB、Diners clubなどのギフトカードを運用した直接的でないカードの手法は実行する事はできないだと考えられます。

じゃあどういう技を利用すれば間接的カードが可能なのでしょう?と言われればそのテクニックとは今の時代、たくさんの人に使われている電子マネーといったPASMO、iD、Smart Plus、だったりICOCA、nanacoなど。

このようなもの使用して間接クレジットを実行するという事が可能なのです。

Edy、iD、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなどはカードで注文するという事ができる金券…PASMO、iD、QUICPay、またはSuica、WAON、nanacoなどに耳慣れない人からしてみたら、自然とハードな印象を持たれるのかもしれませんがそれらの電子マネーという物は言葉にするなら金券です。

VISA、MasterCard、NICOSなどののギフト券となんら違いはありません。

またこういう電子マネーという物はカードを運用してたやすく買い入れすることが可能な所がメリットだったりします。

またそれらの電子マネーというものは現に、カラオケを始まりとして、街ナカや各種店舗等々であっても用いることが可能になってきているようだ。

「このお店ではクレジットカードはご使用になれません」という感じで注意されている売店での購入でもPASMO、QUICPay、であったりSuica(スイカ)、WAON、nanacoなどであるなら用いれる実例が多いのです(クレジットカードポイントがきっちりゲットできる)。

つまりカードが扱われていない売店などでも段階を踏んでクレジットを駆使する方法で、カードポイントをもらっていこうということです。

普通、たくさんの買い物を楽しんでいるだけではゲットできないクレジットポイントであるから、何としても、活用する事をやってみてほしいのです。

Link

Copyright © 1996 www.leanmuscleformula.net All Rights Reserved.