www.leanmuscleformula.net

外国為替市場介入(為替介入)というのを聞いた事がありますか?日銀が介入して新聞記事、雑誌、テレビ、ヤフーの記事で見られたみなさんも多いでしょう。元より為替介入といえば我が国では、・財務大臣が為替の相場の安定を保つように施行する手はずということで見なされています。わかりやすく言うと、急激な円高、円安が起きると財務大臣の指令が出ると中央銀行(日本銀行)円の売り買いをして為替の相場を安定させる、といったものです。外国為替平衡操作(為替介入)はやり方が何通りかあります。1.単独介入・・・行政機関または日本銀行が、東京市場において自ら市場に入って為替介入を行なう。2.協調介入・・・多くの通貨当局が相談し各通貨当局の資金を使い同じタイミングないし随時為替介入を実行する。3.委託介入・・・他の国の通貨当局に向けて介入の実施を任せる。4.逆委託介入・・・日銀が国外の通貨当局の代わりに為替介入を行なう。このようにやり方です。どの種類の為替介入も一時的、あるいは引き続いて為替のレートに大きな影響力を与えることになります。為替の介入のお金は当然国家の権威をかけているのですから桁外れです。円を例にして考えると、日頃は少しだけ変動する円相場が急に数円ごとの変動をするのです。個人で投資をしている方であれば体験していると考えますが、これまで問題なく含み資産(もしくは損失)が増加していたポジションを持続していたところ、その保有高が決済したと情報が外為の会社よりEメールが届き。いくら儲かったのかな(損失が出たのかな)?と気にしながら決済された通達を見たら自ら予測していた内容とはまったく反対の状態となってしまい驚いた例があるのです。外国為替平衡操作(為替介入)が行われた時によくあることです。こういったことから介入を実施すると、為替の動きと真逆の動向をするものです。加えて変化する額の幅はものすごく大きく大きく変動するため注意しましょう。

Link

Copyright © 1996 www.leanmuscleformula.net All Rights Reserved.