www.leanmuscleformula.net

借り入れなどの支払い方式は会社の方針によって相当ずれというものがありまして、多様なやりようが選ばれております。基本的なところでは残高スライド方式やリボ払い方法などが選ばれているようです。そしてこうした誰もがわかっているリボ払いですが、実を言うと算出手法には多くの法があったりします。したがってさような種別によっては支払い合計金額が違ってしまうわけですから、知ることで損なことはないはずです。それでは簡単にこれらのやり方のギャップについてを解説していきましょう。はじめは元金均等払いというものでその次は元利均等払いというものです。それぞれその名のとおり、元金について均分にして払っていくという方式と、元本と利子に関してあわせて均等に返済していくという手法になります。この場では仮に10万円借金したと設定し実際上どういう算定をするのかみてみます。利子はどちらも15%というふうに計算します。それとリボに関する金額は1万円と設定し考えます。まず元金均等払いからです。かような時の最初の支払いについては1万円へ利息分1250円を計上した返済となります。その次の返済については1万円に利率分の1125円を足した引き落とし金額になるのです。このようにして全10回にて支払いを終えると言う形式です。一方元利均等払いははじめの支払いに関しては1万円で元本へ8750円、利率に1250円といった感じで割り振りをします。次回の支払については元金が8750円へと減少した状態にて利子を計算し1万円を更に分配します。換言すれば、元利均等払いの事例は10回で引き落しが完了しない計算になります。たったこれだけのギャップで二方がいかに違っているかが十分分かって頂けたことでしょう。元利均等というのは元金均等と比較し、明らかに元本が減少していくのが遅いというような欠点というものが存在したりするのです。別言すれば利子をおおく支出するといった状況になったりするのです。反面、1回の支払が些少な額で済んだと言う長所というものもあったりします。かような支払方法の相違に呼応して引き落しトータルが変わってくるのでご自身の好みに応じた方法を取るようにしてみてください。

Link

Copyright © 1996 www.leanmuscleformula.net All Rights Reserved.