www.leanmuscleformula.net

予想外に突発的に出会うのが乗用車の事故です。その場面でどう作業した内容が要因となり自動車の保険金の支払額も全く差が出る場面もありますので正確な判断と対処が大切です。想像も出来ないアクシデントにあってパニックになってしまったら大事な対処を見失ってしまい後で自身が大きな損を受けるケースもあるので交通事故を起こした場合は正しく次の判断を行います。車の事故に遭遇した状況で第一にしなければいけないのが怪我をした方の確認です。乗用車の事故のすぐ後はパニックになって虚脱状態になってしまう場面がありなかなか動けないのが当たり前です。その場合、負傷者がいた場合は危なくない地点へ動いてできる限りの処置を行い、救急車を呼ぶ等怪我人最優先に努める必要があります。救急車を呼ぶ状況では的確な事故の場所を伝えて不明な場面では近くのよく知られているスーパーや場所名を伝えて事故の位置が判断できるようにします。その後で警察へ通報し事故があった旨、簡単に状況を伝えます。救急車と警察が来るのを待っている間に相手側の情報を確かめます。氏名、住んでいるところ、連絡先、免許相手側の保険会社など自分だけでなく相手の内容を言います。その時に相手に違反があったような場合、その場所でやり取りしようとする状況が考えれますが事故現場でうやむやにするのではなく、どういう場合であれ警察や保険会社に届け出て、平等に調べてもらう事が欠かせません。関係者の身元をやり取りしたら他の車の妨げにならないために妨げとなる物道からどかします。もし障害となった物が誰かの車の邪魔になっている場合にはお互いの情報交換をするより先にその対応を終わらせてしまっても構いません。ここで自身が加入している保険屋さんに電話をして車での事故を起こしてしまった事を告げます。車での事故から特定の期間の間に保険会社に報告していないと保険の適用外に場合もありえますのでなるべくすぐに行動することが必要です。可能であれば様子として、携帯のカメラなどを用いて事故の現場や事故車の破損の写真を残しておきます。この写真は落ち度の割合決定する時に大きな役割となりますのであなたの車や相手方のクルマの壊れた箇所を的確に証拠写真として残しておくことが重要です。この状況で見た人がいるのであれば警察や保険屋さん来るまで一緒に待っていて頂くように頼むのも忘れてはいけません。

Link

Copyright © 1996 www.leanmuscleformula.net All Rights Reserved.